skip to Main Content

6.シーティング評価時の留意点

▶ 実際に使用する車いすに座り評価する
▶ 30分以上の連続座位での評価
(生活の中で評価・食事、移乗、移動、ニーズに応じた動作をシュミレーション)
▶ 皮膚の観察
(殿部、背部、胸部、頭部など)
▶ 発赤の有無
(30分以上発赤が消えない場合 ⇒ かなり危険)

Back To Top