skip to Main Content

ご挨拶

この度、理事長を拝命いたしました理学療法士の森田智之と申します。NPO法人日本シーティング・コンサルタント協会はシーティングに関する学術・教育・製品評価・相談に関する事業を行い、国民の福祉に寄与することを目的に2003年に設立され、18年間活動を続けてまいりました。本協会の理事長として全力を尽くす所存です。

当協会の事業は、三本柱から成り立っています。これまでシーティングに取り組んでいなかった方や、シーティングという言葉を聞いてどのようなことかを知りたいという方を対象とした普及啓発事業、シーティング技術の習得をしたいという方を対象とした教育研修事業、シーティングの科学性向上を目的とした学術研究事業です。これらの事業を行うにあたり、これまでは主に対面で行う研修会や機器展示が当たり前でした。しかし、COVID-19の感染拡大防止のため、その様相は一変し、対面での開催が困難となってしまいました。そのため当協会では、2021年度の取り組みとして情報発信や研修会のオンライン化に注力し、ようやく一通りの事業をオンラインで行う目途が立ったところです。対面での研修会や機器展示ができないことは技術や情報伝達には不利な面もありますが、私たちはこれを逆に全国どこにいても同じ情報を得ることができる、という利点を生かしていきたいと考えております。そのため、研修会等のオンラインでの実施とともに、2021年度はホームページを一新し、シーティングに関する情報を豊富に掲載するようにいたしました。基礎的な内容はホームページに掲載いたしましたので、ぜひともご活用ください。

シーティングは椅子や車椅子を利用して生活する方の生活や活動、参加を支える技術です。そのため、それらの場面の評価が必要となりますので、多職種連携が非常に重要です。多くの職種の方にシーティング技術をお伝えするために、2020年度からは当協会が認定している「シーティング・コンサルタント」を取得できる職種を拡大いたしました。これまで対象だった理学療法士、作業療法士に加え、医師、看護師、言語聴覚士、義肢装具士、介護福祉士の皆様にもこの資格が取得できるようになりました。ぜひとも多くの職種の方に「シーティング・コンサルタント」を取得していただきたいと願っております。

私たちはこれからもシーティングに関わる医療・福祉職の皆様、メーカーや機器供給を担っていただいている事業者の皆様とともに、シーティング技術の普及を一歩ずつ進めていきたいと考えております。皆様、よろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人 日本シーティング・コンサルタント協会理事長

森田 智之

Back To Top