第13回日本シーティング・シンポジウムのご案内と一般演題募集について

皆さま、本年行われます第13回日本シーティング・シンポジウムの概要が決定しましたのでお知らせいたします。

開催要項

■日時:2017年11月18日(土)、19日(日)
■場所:首都大学東京荒川キャンパス(日暮里舎人ライナー、都電荒川線 熊野駅 徒歩3分)

■大会長:阿部高家(リハビリテーション天草病院、日本シーティング・コンサルタント協会理事)
■大会テーマ:シーティングの可能性を拓く
■内容:特別講演:太田喜久夫先生(国際医療福祉大学医学部教授)、一般演題発表(困難事例含む)、企業展示及びプレゼンテーション、企業セミナー、テーマ別セミナー、研究相談コーナー、書籍販売など

■一般演題募集期間:2017年6月1日(木)20時~ 7月12日(水)18時
■事前登録期間:2017年9月1日(金)~11月10日(金)

※詳細やプログラムは決まり次第お伝えします

演題募集概要

【一般演題】

■発表時間:10分発表+5分質疑(演題数により調整する場合があります)
※ 応募演題数が多い場合にはポスター演題に変更する事もあります。その場合、どちらの発表形式での採択になるかは、第13回JSS運営委員会の方で決めさせていただきます。

※ 一般演題発表者にはシーティング・コンサルタント養成ポイントが1単位付与されます。

【シーティング困難事例演題】

■発表時間:15分発表+15分質疑(演題数により調整する場合があります)

このセッションでは討議時間を延長し、十分な討議を行います。

※ 困難事例が応募多数の場合、一般演題での採択になることがあります。
※ 困難事例発表者にはシーティング・コンサルタント養成ポイントが2単位付与されます。

【一般演題応募方法について】

抄録は1500文字以内で、協会ホームページにアップしてあります形式に則って執筆してください。
抄録の形式は研究用、症例報告用と二種類用意してありますので、演題の内容に合うものを使用してください。抄録の文字数は一般演題、シーティング困難事例演題も同じ文字数とします。

症例執筆要項(研究用) のダウンロードはこちら
症例執筆要項(症例報告用) のダウンロードはこちら

演題募集要項

■募集期間:2017年6月1日(木)20時 〜 2017年7月12日(水)18時
■募集方法:件名を「JSS演題申込」として下記8項目を本文に記載してください。
抄録(1,500字)のWordファイルとPDFファイルをメールに添付し、下記の演題申込用メールアドレス宛にお送り下さい。抄録はホームページよりひな型をダウンロードして使用してください。

1.筆頭発表者
2.所属
3.職種
4.連絡先メールアドレス
5.希望セッション(一般演題or困難事例)
6.演題名
7.キーワード(3つ)
8.動画使用有無

■申込条件:筆頭発表者は当協会会員に限ります。演題は他学会等で発表されていないものに限ります。

■発表方法:PCプレゼンテーション(Windows)のみ
発表に「動画使用」を希望される方は、申し込み時にその旨をお伝えください。申し込み後の変更はできませんので、あらかじめご了承ください。
上記の送信内容は昨年と同様です。

■演題申込用メールアドレス:endai@seating-consultants.org

■お問合せ morita@seating-consultants.org 宛にe-mailでお問い合わせください。

森田智之(学術局担当理事)